FC2ブログ

景山鍼灸治療院へようこそ。

水木ロードのある境港市で開院して二十年ほど。近畿 四国 中国地方唯一の漢方鍼汪会流の鍼灸院です。東邦大学医学部教授 村山良介氏と痛みの研究もしました。詳しくは http://ww51.tiki.ne.jp/~kageyama/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

血管年齢

血管内皮細胞の炎症が血管年齢に関連しているとニュースでありました。
マウスでの実験を人に当てはめると、83歳が108歳まで長寿になるとの事です。
これは、我々が行っている脈診が正しかったと言う証明です。
我々は、脈の弾力が和緩を帯びているものを健康とします。
その状態から硬すぎるのか柔らかすぎるのか、判断します。
そして、五行穴に鍼をして和緩の状態に知被けます。
こんな事は、薬でも出来ないと思います。
血管年齢を若返らせて健康になりたい方は、当院においでください。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/08(木) 07:52:54|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

腰痛について

腰痛は、ほとんどの人が、一生のうちに、何度かは、なる疾患でしょう。
私も、高校生のころ、なったことが、あります。
そのころは、鍼なんて、まったく頭に、浮かびませんでした。
それで、生計外科に、せっせと通いましたが、なかなか、すっきりとは、治りませんでした。
よくなったのは、やはり、鍼の、学校に、通いだして、免許を取得してからですね。
神戸で2年、特に、東京で、8年修行しましたが、底の鍼をやり始めてからです。今も、所属  している、漢方鍼汪会です。
今は、痛くなっても、自分で、腰に、鍼をしますから、ひどくなることは、ありません。
同業者に、言うと、自分で、腰に、鍼をするの、と驚かれますけど。
前置きは、このくらいにして、基本的な、腰痛の原因を考えると。
人間は、2本足で、歩くように、なって腰に、すごく、負担が、かかるようになったといわれ  ます。
やはり、2本足ということは、腰、背中、お尻、足の筋肉に、負担が、かかります、ましてや  、重いものを持つと、さらに、負担が、かかります。
まず、一番多い原因は、筋肉性でしょう。
いわゆる、ギックリ腰といわれるものですね。
これは、筋肉に、炎症が、発生して、激しい痛みを起こします。
しかし、炎症を抑えれば、比較的早く、回復することも多いです。
また、まんせいの腰痛は、急性腰痛を適切に、治療していなかったりして、筋肉が、硬直して  いたりすると、いつまでも、じくじくと痛いことが、あります。
これは、鍼などをして、腰部の、筋肉を緩め、血流を改善すると、よくなります。
2つ目は、骨性の腰痛です。
椎間板ヘルニアといわれるように、骨の、部分に問題が、ある場合ですが。
軽度の場合は、鍼灸も有効ですが、腰椎の、状態によっては、手術といったことも、考えない  といけないでしょう。
特に閉経後の女性の急性腰痛は、骨粗鬆症の可能性もありますので、病院でのCT MRI等の  検査が、必要でしょう。 また、腰痛が、ある人は、普段の、生活においても、姿勢に、注意す  る必要が、あります。
たとえば、同じ姿勢で、長い間、いない。
あぐらは、絶対だめ
イスに、座りっぱなしも、だめ
重いものを持つときは、腰を落としてから。
肥満は、腰に、負担が、かかる。
腹筋や、背筋や、腰部の筋力が、低下すると、腰痛になりやすいので、適度な、運動をする。
まあ、最低でも、このくらいのことは、気をつけて、もらわないとだめですね。
私が、診た一番重症の患者さんは、小児麻痺で、車イスで、腰痛がある人でしたが、かなりの  回数、往診しました。
でも、車イスから立って、歩ける程度になりましたが、これは、例外的でしょう。

  1. 2012/01/21(土) 21:50:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心臓疾患と癌

心臓疾患 癌は、日本人の3大死亡原因ですが。
心臓疾患が、現れる前や後に、左手の尺脈が浮くという現象が現れることが、あります。
尺脈といっても、一般の人は、わからないと思いますが。経絡治療では、脈診をおこないます  が、左右の手首のところに、人差し指、中指、薬指を当てます。
そのうち薬指が、あたるところの脈を尺脈といいます。
その、左手の尺脈ですが、正常な場合は、沈んでいますが、心臓に問題が、ある場合浮いてくることが、あります。
特にその脈が、ザラザラとしていたり、トゲトゲしていたりすると、要注意です。
癌の脈は陽実の脈が出ていれば、治る可能性は、ありますが。
末期になると、一見、いい脈に見えますが、胃の気が、なくなっています。
私のところでは、患者さんを,陽証と陰証に分けますが、陰証の場合は、将来的に、癌とは、限  りませんが、重大な、疾患になる可能性が、あると判断されます。
  1. 2012/01/21(土) 21:46:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

情けない言葉

先日、ある掲示板で、あんま師の人が、「あんまでは、肩こりが治らない」といっていました。
自分も肩こりだが、「何千円も払ってあんまには、行かない」といっていました。
情けないですね。まあ、あんまでは、肩こりは、治らないでしょう。
そんなところに通っている患者さんも、肩こりは、治らないと思っているらしいです。肩こり  を知らない生活が、わからないとは、かわいそうなことです。
3日に一度、5000円も支払って、それに、どれだけ多額のお金をつぎ込むのでしょうか。そ  れだけあれば、なんども、海外旅行にいけるのに、もったいない話です。

  1. 2012/01/21(土) 21:41:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感激の言葉

私は、患者さんの言葉で、感激したことがあります。
それは、患者さんの声を書いていただいた、元 大山ハム社長の常盤さんです。
その言葉は、「米子に来て一番良かったのは、この治療院を紹介してもらったことだ。」とい  う言葉です。
患者さんから、このような言葉を聞けたのは、最高に感激です。
ほかの患者さんにも、そう思ってもらえるように努力したいと、思います。
  1. 2012/01/21(土) 21:38:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

整体と鍼灸

東京で修業時代に整体(カイロプラクティック)を勉強しましたが、結論から言って、鍼のほうが、よく効きます。
ということは、鍼のほうが早く治るということです。
これは、整体師の人も、認めていました。
実際、7対3で整体の方が多かった治療が逆転して鍼治療の方が多くなった治療院もありました。
理論的には、ゆがんだ骨をまっすぐにすれば、健康になるというのは、確かだとは、思いますが。
整体(カイロ)では、周りの筋肉が緩みません。
やはり鍼治療では、自律神経に作用しますから、前進の筋肉を緩めて血流を良くします。
というわけで、当院では、整体は、必要のある人に、補助的にしかおこないません。

  1. 2012/01/21(土) 21:36:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬱病について

最近、鬱病と診断されて薬を服用している方が、よく来院されます。
しかし、病院で、安易に鬱と診断されて、投薬されるケースも、多いと聞きます。それによって、かえって本当の鬱になってしまいかねません。
私も、そういった感触を持つことも、あります。
東洋医学では、数千年前に書かれた文献には内臓と、精神は、密接に関連しているとかかれています。
体調が、悪くなると、精神的にも不安定になるのは、当たり前でしょう。
これらの人の中には、体が緊張していたり頭痛があったりします。
これらの症状を鍼治療をして緩和させると、けっこう改善する人もいます。

  1. 2012/01/21(土) 21:33:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女性の足首について

時々年齢には、関係ありませんが、女性で足首が内側に曲がっている方がよく見受けられます。
このような足首の人は、足が疲れやすいのは、もちろんですが、将来的に膝 腰 肩 首に異常がでる可能性が高いです。
スポーツをしていても、踏ん張りが効かないでしょうね。
たとえば、家の土台が傾いているとその上の部分もゆがんでしまいます。
治療は、下腿の筋肉を緩めることです。特にアキレス腱を中心に鍼をします。
早い人は、1度でかなり内側に入っている足首が、まっすぐになってきます。
  1. 2012/01/21(土) 21:31:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スポーツと鍼

よく、私のところに、高校生で野球とかテニスをやっている学生が治療に来ます。しかし、マスコミでよく、有名な選手が鍼治療を受けていると報道されますが、
あまりこちらでは、治療を受けていないようです。
そのため高校生とは、思えないような、筋肉の疲労と硬さがあります。
いくら、実力があったとしても、体がガチガチだと実力は、発揮できないでしょう。
それ以上に、ケガの危険性も高くなります。
あのハンカチ王子も、鍼をしています。疲労が鍼をしているのとしていないでは、全く違います。
  1. 2012/01/21(土) 21:28:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

良い治療院の選び方

最近、よく、ほかの治療院に通っていた方が、当院の評判を聞いてこられることが、多いです。
一般の方が、良い治療院を選ぶのは、なかなか難しいですね。
法律で広告にも規性がありますし。
やはり、評判を聞くのが一番良いのかも知れませんが。
ただ、患者さんが、たくさん来ていれば、良い治療院というのは、間違いですね。
たとえば、肩こりのマッサージは、気持ちは、いいけれど、それで、治ることは、ありません。
だから、何度も通うことになります。
したがって治療院は、繁盛しているように見えます。でも、治っては、いないのです。
お金がいくらでもあって使える人は、それでもいいですが。
その点、鍼は、治ってしまうと患者さんは、来なくなってしまいます。
繁盛しているから、良い治療が受けられるとは、限りません。
地方では、本当に治して、患者さんをたくさん集めている治療院は、あまりないでしょうね。
口だけで患者を集めているところもありますし。<
  1. 2012/01/21(土) 21:25:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。